<診療内容>


当院では熱傷を含めた外傷を湿潤療法(うるおい療法,閉鎖療法)で治療しております。手術以外の治療で消毒薬や創面を乾燥させる材料(ガーゼなど)は原則的に使用しません。

<採用している治療材料>
デュオアクティブETハイドロコロイド・ドレッシング材。親水性コロイド粒子が浸出液を吸収することで湿潤したゲルとなり,肉芽増生・上皮細胞の移動に最適の環境を提供します。
ハイドロサイトプラスポリウレタンフォーム・ドレッシング材。高い吸水性を持ち,浸出液を吸収し,かつ適度の水分を保持し創面の湿潤環境を保ちます。
カルトスタットアルギン酸塩被覆材。浸出液などを吸収するとゲル化し創面の湿潤環境を保ち、強力な止血効果もあります。
オプサイトハイドロサイトやカルトスタットを密封固定します。
ロイコサン深くない切創の処置や手術創の補強に使用しています。


現在小手術室が無くなった(マンモグラフィ撮影室に改築)ため、診察台で可能な緊急的切開・処置以外施行しておりません。
具体的なケースを紹介します。出血を伴う外傷の画像もありますので、気分が悪くなる方はご覧にならないで下さい。

<外傷>

右頬部挫傷(05/12/19)
左鼻孔部挫傷(05/12/14)
顔面・両下肢・背部挫傷(05/12/03)
ダニ咬傷(05/12/03)
犬咬傷1(05/12/03)
熱傷1(05/11/28)
蜂刺症(05/11/27)

<感染>

毛嚢炎(07/01/20)
ひょう疽2(05/12/01)
ひょう疽1(05/11/27)
水虫3(07/01/23)
水虫2(07/01/20)
水虫1(05/11/27)

<痔核>

血栓性外痔核(05/12/14)
内痔核2(05/12/14)
内痔核1(05/12/14)

<腫瘤等>

乳頭腫(07/01/23)
血管腫(07/01/23)
脂漏性角化症(07/01/22)
エクリン汗嚢腫(07/01/22)
陥入爪(07/01/20)
鶏眼1(05/12/14)
粉瘤2(07/01/23)
粉瘤1(05/12/14)